KTM Power Parts トップケース (603.12.929.000) 詳細

自分が調べた範囲では詳細情報を拾うことができなかったので、写真を撮って情報共有することにします。今回入手したのは、KTM Power Parts の「ツーリングトップケース( 603.12.929.000 )」です。「バックレスト( 603.12.929.030 )」もついています。(詳細はこちらのURLでも確認できます。  )


1190にはねじ山のあるキャリアプレートが付いているので、こちらに付属のベースプレートを取り付けます。(1050のばあいには、「キャリアプレート( 606.12.910.044 )」を別途取り付けておく必要があります。)純正なので、キャリアの時点で収まりはとてもいいです。GIVIのケースとかだと、ごっつい四角のプレートが目立ったりするようですが、見た目にもフィット感があります。


ここにケース本体を取り付けます。後ろの爪にに合わせておいて、鍵で前側の爪を引っ込めた上で装着します。この時利用するキーは車両のキーにすることができます。(設定の際はディーラーに要確認です)


ケース本体は、我が家の体重計調べで7.6kgの重さがあり、FRP?製と思われます。スチールケースではないのでそれほど重くはないですが、駐輪場から持って上がるのはそれなりに一苦労です。


容量は42リッター。助付けで外すつもりがなければパワーアウトレットを取り付けるための穴も開いています。フルフェイスヘルメット+αの容量です。


ロック部分はなかなか頑丈な作りで、オレンジのボタンを押し下げることでロックを解除します。閉めるときは勢いよくバーン!と閉めるとしっかりロックがかかるようですw まだ慣れていないので、閉まりが中途半端だと、開けようとしてもキーが折れるんじゃないかというくらい回してるのにうんともすんともならない時もあります。

純正パーツらしいフィット感だと思います。初めて、まともに荷物を載せられるバイクに乗れることになりました。タンデムを基本的にしないのでわかりませんが、バックレストも付いているのでいつか試してみたいですね。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中